2018/03/22(木)
東浜投手が特別支援学校を訪問「応援したい」



3月22日(木)、東浜巨投手がヤフオクドーム近くの福岡中央特別支援学校を訪問しました。

小学生から高校生までの生徒が集まった全校集会にユニフォーム姿で登場して、質問コーナーに応じたり記念写真を撮影したりしてふれあいを楽しみました。

質問コーナーでは東浜投手の素顔に迫る鋭い質問がいくつも飛んでいました。<よく聞く音楽は?>「邦楽も洋楽も聞きますけど、沖縄生まれなので沖縄民謡や三線の音楽を聞くと落ち着きますね」<好きな仕事は?>「うーん、僕の中で野球は仕事って感じとは違うんですよね。小さな頃は理学療法士になりたかった。体を治すという仕事っていいなと思ったことがある」<カッコよくなるためにはどうしたらいいですか?>「自分の好きなことを無我夢中で頑張ることかな」

また、学校の体育祭でも披露されたという、応援団による演舞「いざゆけ若鷹軍団」も観賞。訪問後、東浜投手は「みんなすごく元気だった。喜んでもらえて僕も嬉しかったし、僕らもみんなのことをすごく応援をしたくなる」と話し、社会貢献活動の大切さも改めて実感した様子。東浜投手から子どもたちをヤフオクドームの公式戦に招待するプランも明かしました。

2018年3月22日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク
東浜 巨




戻る

accesskey_0トップページ