2019/08/14(水)
大盛況!スポーツキッズプロジェクトin佐賀
8月13日(火)佐賀県立森林公園内にて「スポーツキッズプロジェクトin佐賀」が開催されました。スポーツキッズプロジェクトとは、プロサッカーチーム「サガン鳥栖」とプロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」が競技の垣根を越えてタッグを組み、『より多くの子どもたちに、スポーツの持つ楽しさ、面白さ、感動を味わってもらいたい』という目的のもと、2014年からスタートし、今年で6年目を迎えます。
今年は新しくバスケットボールチーム「佐賀バルーナーズ」、バレーボール「久光製薬スプリングス」が加わり、野球・サッカー・ラグビー・バスケットボール・バレーボールの5種目を体験できるイベントとなりました。今回は小学4年生〜6年生まで113名が参加し、5グループに分かれて順に5種目を体験しました。


■開会式




佐賀バルーナーズのキャプテン小川京介選手より「今日は5つのスポーツを体験していただきます。これらはチームスポーツで、かつボールを使った競技です。今日はお友達と一緒にボールを繋ぐ楽しさやシュートを決める楽しさなどを感じながら、スポーツって楽しいなと思って帰ってもらえたらいいなと思います。」という開会の言葉をいただきイベントが始まりました。


■野球




ホークスジュニアアカデミーより帆足和幸コーチ、新垣渚コーチ、城所龍磨コーチが指導し、ストラックアウト形式での投球や、バットを用いた説明で野球に触れてもらいました。
新垣渚コーチは「野球を体験してもらえるいい機会ですし、いろんな球技を体験して、体を動かす楽しみを感じてもらって運動するということができて良かったです。僕たちも他球技の方と触れ合い、いい刺激をもらいました。」と語り、終始楽しそうに指導していました。


■サッカー




サガン鳥栖スクールコーチによるただボールを蹴るだけでなく、コーチの体を狙ったり、体の使い方を指導したりと一人ひとりに丁寧な指導が行われ、子供達も集中力を切らすことなくボールに向かっていました。


■ラグビー




二人一組になってボールを運んだり、タックルの練習をしたりと体全体を使った指導が行われ、会場内に響き渡る元気で大きな声で、子供達を笑わせながらコーチも全力で楽しんでいました。


■バスケットボール




バルーナーズの現役選手がゲーム形式で子供達と対戦し、沢山のボールを使ってどんどんパス・シュートを繰り出していました。キャプテン小川選手は「僕も子供の時にスポーツキッズみたいなイベントに参加したかったなー!と思うし、子供達もいい環境で羨ましいです。この経験を通して、将来中学、高校、大人になっても続けられるスポーツを見つけて欲しいです。」と初めての参加を振り返りました。


■バレーボール




バスケ同様、初参加の久光製薬スプリングスからは現役選手の今村優香選手と座安琴希選選手が参加し、座安選手は「みんな元気よく積極的で楽しかったです。バレーボールをしてる子たちへの指導はよくありますが、それ以外の子たちに指導するのは初めてでした。バレーも競技人口が減っているので、これを機に興味を持ってもらえたら嬉しいです。」と笑顔で語りました。


閉会式後、指導した選手・コーチと記念撮影し、イベントは終了しました。参加した子供達には記念品が配られ、満足そうに帰っていきました。
今年はあと2回イベントを予定しており、今後も活動を続けていきます。


■ホークス・ヤフオクドームに関するお問合せ
福岡ソフトバンクホークス株式会社
TEL:092-847-1006(10:00〜18:00)
※ホークス主催ヤフオクドームナイトゲーム開催日は20:00まで


■クラブホークス・タカポイントに関するお問合せ
会員サポートセンター
E-mail:info-club@softbankhawks.co.jp
TEL:092-844-1189
受付時間 10:00〜17:00 (日曜・年末年始は休業)




戻る

accesskey_0トップページ