2020/07/13(月)
【今週の見所】ギータ&マッチ、明石選手が快調

今季初の3連勝中。延長サヨナラ→逆転→序盤から優勢な試合運びと、どんな形に持ち込んでも勝ちに結び付けられる。強いホークスが戻ってきました。

それを力強く後押ししたのはファンの温かくて、熱の込められた拍手でした。有観客試合に戻ってから3戦3勝。「スイッチが入りました」と今宮健太選手。「やっぱり全然気持ちが違います」と柳田悠岐選手。そして「鳥肌が立ちました」と工藤公康監督も話していました。

上昇気流に乗ったタカは、福岡を飛び立って大阪へと向かいました。14日(火)からはバファローズと京セラドームで6連戦です。

ペナントレースでは今季初の顔合わせですが、6月の練習試合では3勝2敗1分という対戦成績でした。京セラドームで行った6月3日の試合ではホークス打線が活発で10得点を挙げました。

現在、ホークスは打線も好調です。その象徴的存在が柳田選手。イーグルスとの6連戦では計5本塁打を放ちました。今季8発でそのうち7発がセンターから逆方向への当たりです。柳田選手自身は「特に意識をしていません。自分のスイングをすることだけに集中しているので」とクールに話しますが、工藤監督は「びっくりするようなホームランばかり。インコースを攻められても自分のストライクゾーンがブレないし、投手からすれば投げるところがない」と大絶賛しています。大阪遠征6試合でも打棒爆発に期待大です。

さらに松田宣浩選手はここ3試合連続で打点をマークしており、本塁打も2本放っています。有観客試合となり誰よりもスイッチがオンになったのは松田宣選手です。

さらに明石健志選手も2試合連続猛打賞で、ただ今5試合連続安打中です。中村晃選手の1軍昇格もあり、切れ目のない打線が完成して得点力が大いに上がっています。


【今週の試合予定】
7月14日(火)バファローズ(京セラドーム)18:00
7月15日(水)バファローズ(京セラドーム)18:00
7月16日(木)バファローズ(京セラドーム)18:00
7月17日(金)バファローズ(京セラドーム)18:00
7月18日(土)バファローズ(京セラドーム)18:00
7月19日(日)バファローズ(京セラドーム)13:00


関連リンク
松田 宣浩
明石 健志
中村 晃
柳田 悠岐




戻る

accesskey_0トップページ