2022/06/24(金)
明石選手が通算1000試合出場を達成

明石健志選手が6月24日(金)の北海道日本ハムファイターズ10回戦(PayPayドーム)で、プロ通算1000試合出場を達成しました。プロ野球史上515人目の記録です。
明石選手は北海道出身。山梨学院大学附属高校から2003年ドラフト4位でダイエーホークスに入団しました。現在、ダイエーのユニフォームを着た経験のある唯一の現役野手です。
初出場はプロ1年目の2004年5月2日の近鉄バファローズ8回戦(大阪ドーム=現京セラドーム)の八回表に代打で出場して記録しました。なお、その打席で右中間三塁打を放ちプロ初安打もマークしています。
内外野を守れるバイプレーヤーとして、勝負強い打撃も武器にして一軍出場機会を徐々に増やしていきました。2012年には135試合に出場して規定打席をクリア。2015年、2017年もシーズン100試合以上出場を果たしました。
今季がプロ19年目。ベテランと呼ばれる域となりましたが、常に高いプロ意識でコンディション管理を徹底していることもあり、肉体はまだまだ若いまま。ここ一番の勝負強さで頼れる存在として、まだまだホークスを支えていきます。

■関連リンク
明石 健志




戻る

accesskey_0トップページ