2022/06/27(月)
フレッシュ球宴に田上投手や渡邉選手ら4名選出!

「スターの登竜門」といわれるフレッシュ球宴が、今年は九州・長崎にて行われます。そして、ホークスから4名の若鷹が出場することになりました。
7月23日(土)に長崎ビッグNスタジアムで行われる「フレッシュオールスターゲーム2022」(18:00開始、予備日24日)の出場予定選手が6月27日(月)に発表され、ホークスからは田上奏大投手、渡邉陸選手、川原田純平選手、正木智也選手が選ばれました。また、ウエスタン・リーグ選抜のコーチとして小久保裕紀二軍監督がベンチ入りします。
田上投手は今季2年目の本格派右腕。長崎といえば、今年4月12日の千葉ロッテマリーンズ戦で一軍デビューを飾った舞台で、勝ち星は付かなかったものの5回2/3を2安打無失点に抑える素晴らしい快投を見せました。ウエスタン・リーグではここまで8試合に登板して3勝3敗、防御率3.07をマーク。小久保二軍監督も「今年はまずファームで軸として回れるように」と期待を寄せています。
渡邉選手は今季4年目。育成ドラフトで入団し昨季支配下入りした大型捕手で、今季は一軍デビューを果たしました。そして5月28日の広島カープ戦(PayPayドーム)でプロ初スタメン出場を果たすと衝撃の2打席連続本塁打を含む3安打5打点の大活躍。プロ初安打、プロ初アーチ、そして初ヒーローと熱き鷹ファンへ存分に名前をアピールしました。ウエスタン・リーグでは40試合に出場し、打率.303、2本塁打、15打点の成績を残しています。
川原田選手は今季入団2年目。身長171cmと小柄ですが、俊敏な動きと華麗なグラブさばきで高い守備力を評価されている遊撃手です。6月25日には初めて一軍登録され、まだ出場はないものの緊張感の中で多くの経験を積んでいます。ウエスタン・リーグでは50試合に出場して打率.190、1本塁打、16打点の成績を残しています。
正木選手はドラフト2位ルーキーで、右のスラッガーとして期待の大きな外野手です。ここまで一軍でも7試合にスタメン出場しています。デビュー戦が4月7日のオリックスバファローズ戦、打順3番でのスタメンでした。ウエスタン・リーグでは主に中軸を打ち、49試合出場で打率.268、3本塁打、28打点の成績を残しています。

入場チケットは現在発売中。詳細は以下のリンクへ。
【PC/スマートフォン】
https://npb.jp/freshas/2022/ticket.html

■関連リンク
小久保 裕紀
田上 奏大
渡邉 陸
川原田 純平
正木 智也
チケットについての詳細はPC/スマートフォンサイトをご確認ください
【PC/スマートフォン】
https://npb.jp/freshas/2022/ticket.html





戻る

accesskey_0トップページ